この機能は楽しんでもらえるだろうか? このゲームシステムをプレイヤーは理解してくれるだろうか? 難易度は適正だろうか?適切な市場をターゲットにしているだろうか?

ゲームデザインを見直し修正を適宜行うことは、開発プロセスの一部であり、ゲームがイノベーションに富み、なおかつ商業的に成功するために必要不可欠なものです。しかしプロジェクトが進行するに従って、開発者が自身のプロジェクトを客観的に評価することが難しくなってきます。

Enzymeでは、こういった問題を解決するお手伝いをする為、フォーカスグループサービスを長年に渡って、ご提供しております。開発プロセスのどのタイミングでもこれらのサービスを実施できる実績とノウハウを有しており、豊富なデータ分析に基づいたご提案を行うことで、お客様が確信を持ってゲームデザインを決定されるお手伝いを致します。

 

定性分析と改善案を含めた包括的なレポートにより、効率的かつストレスフリーにお客様がお知りになりたい情報をお届け致します。

弊社のフォーカスグループとユーザビリティテストは、弊社施設内またはご希望に応じてオンラインセッションを通じて行われます。調査目的、ゲームの内容、ご予算に応じた個別のソリューションをご提案いたします。

企画書やプロトタイプの段階からリリース後まで、様々なフェーズでご利用いただけます。プロトタイプの段階で、ゲームのコンセプトが対象市場で受け入れられるかを知りたい、ゲームシステムの面白さを検証したい、難易度カーブのバランスを取りたい、課金要素が魅力的かを知りたいなどのお客様の様々なニーズにお応えいたします。